看護師の採用試験、筆記試験や適性検査、面接が課されることが多いのですね。

Posted by admin | 未分類 | 日曜日 1 9月 2013 7:51 AM

病院の看護師採用試験は、主に筆記試験、適性検査、面接などが行われているようです。筆記試験は一般常識、時事問題などが出ることもあり、世の中の動きに目を配っておく必要があります。国語・数学・英語などの学科が出題されることもあるようです。論述が課される場合もあります。医療の現状についての問題、患者とのかかわり方、これまで看護の現場で経験してきたエピソードや感想、自分の人生についてなどが出題されることが多いようです。小論文作成の基本的な留意点をクリアして、正しくわかりやすい日本語で言いたいことが伝えることが必要です。専門分野が出題される場合には、看護師国家試験レベルの内容が求められます。適性検査はマークシート式の質問に答えて性格や適性を知るというものです。公立病院などでは公務員試験が課されます。
しかし何と言っても一番重視されるのは、面接ではないかと思います。志望理由などはまず聞かれると思っていたほうがよさそうです。受験する病院の良さを調べて、うまく織り込むことができるとよさそうです。この病院で何がしたいか、自分に何ができるか、考えておくことは大切です。また時には、看護とは何か、など抽象的な質問もあるようです。転職の場合は、なぜ転職を考えたのか、なぜ辞めたのかなどを聞かれることになりますが、前向きな姿勢が好印象のようです。「キャリアアップのため」などが無難な答えになりますが、専門的に勉強したかったので規模の大きい病院を希望しているなど、より具体的に考えておくとよいみたいです。(参考:http://unlkappadelta.org/job)
看護職は売り手市場なので、採用試験に対しては楽に構えられるかと思いましたが、やはり希望の職場でいいスタートを切るためには、採用試験時からよりよい印象を心がけた方がよさそうですね。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ